VITNE ヴィトネ ソングライター/マルチプレーヤー


カリフォルニア州チャールストン出身。海をこよなく愛し、海辺で幼少時代を過ごす。夢想家。

幼い頃バイオリンで最初に音楽を触れ、現在も演奏するフルートの魅力を発見する。長年に渡りアメリカングラム(またはヘア)メタル、また日本のロックを深く鑑賞し、その影響は彼の作品の中に多く表れている。モトリー·クルー、キス、Xジャパンといったバンド、特にソロアーティスト、ビリー・アイドル、ガクトからは常に大きな影響を受けている。

ノルウェーへ移住した後、2010年から2012までノルウェーのヘア・メタルバンド SEKSのフロントを務めツアーを行い、AORマガジンやSleazeRoxxといった著名な雑誌からの認識を受ける。バンドの分裂にあたりソロ活動を開始し、ソロデビューアルバム”Neon"へと至る。

2013年はヴィトネにとって大きな転換の年となり、最初のソロプロジェクトとなった4曲入りミニアルバム"Not Far From Shallow Water"をリリースし、自身がディレクターを努めた2作のミュージックビデオクリップを制作。MTV全盛期時代の中で育ち、ミュージックビデオの重要さと影響を強く感じたところから、このビデオクリップは出来上がった。”Destroyer"はこの冬発売される”Neon"からのファーストシングルとなり、2013年8月のアカデミアミュージックアワードで”ベストミュージックビデオ”を獲得。

2013年12月3日、彼の音楽的影響が最大限に反映されたソロデビューアルバム”Neon"をリリースする。マヒュー・ショーン・レイノルドがミックスを行い、東京CDセンターの山口貴規がマスタリングを手がけた。

英語とノルウェー語を話せる他、現在日本語を習得中。 日本語、中国語サイトも運営している。

更新情報・お知らせ

2013/11 ソロデビューアルバム”Neon"2013年12月3日発売決定!NEW

2013/10 ニュービデオ『Silhouette』公開

LINK

NEW RELEASE


VITNE

Music Video